症状ごとの包茎治療の方法について紹介!

緊急性の低い症状・仮性包茎

日本人男性のうちおよそ7割が包茎と言われており、その症状によって仮性・カントン・真性といった3種類に分かれます。
その中でも、最も多い症状とされているのが仮性包茎です。
仮性包茎は平常時はもちろん、勃起時の両方とも容易に皮を剥くことが可能です。
その際に痛みも伴わないため、3種類の中でも緊急性が低い症状と言えます。

一方で早漏になりがちな傾向にあり、その見た目も相まってコンプレックスになっている男性も少なくありません。
恥垢が溜まりやすくかゆみや悪臭、ひいては性病の原因になりがちです。

仮性包茎を治療する場合、包皮の余剰分を切除する外科手術を行うことが多いです。
切除して縫合する際にできる手術痕を、亀頭の直下に設けることで目立ちにくくすることもできます。
自然な仕上がりを求める方は、問い合わせて手術法の詳細をチェックすると良いでしょう。
余剰包皮が少ない場合は、根元に手術痕を持ってきて陰毛で隠すといった手法も可能です。

緊急性が高めの症状・カントン包茎と真性包茎

緊急性が最も高い症状に、カントン包茎が挙げられます。
カントン包茎とは、包皮の先端の部分が狭い状態を指します。
先端部が狭いために、亀頭や陰茎を締め付けてしまい負担を掛ける状態が続く症状です。
平常時は可能でも勃起時に締め付けがきつくなり剥くことが出来ないケースから、どのタイミングでも剥くのが困難なケースまで、人によってさまざまです。
いずれも放置すれば、亀頭が腫れ上がったり最終的に壊死したりといった事態が考えられるため、一刻も早い治療が必要となります。

カントン包茎の場合、人によって状態や形状が異なるため選ばれる手術法もそれぞれ違います。
締め付けの元となっている、包皮を切除する手法が採択されることが多いです。

同じく緊急性が比較的高めの症状に、真性包茎が挙げられます。
真性包茎とは、平常時も勃起時も同様に亀頭が包皮に覆われている状態です。
亀頭と包皮が癒着しているために起こる症状であり、恥垢が溜まりやすく悪臭や性病のリスクが高まります。
治療は癒着している部分を剥がし、包皮の余剰部分を切除します。

まとめ

多くの男性が患っている包茎のうち、カントン包茎と真性包茎は特に手術を急いだ方が良いです。
特にカントン包茎は、状態によっては亀頭に負担がかかり腫れ上がったり男性器の機能を消失する可能性があり放置すると非常に危険です。
真性包茎も放置すれば不衛生なだけでなく、性病を罹患する可能性も否定できません。
早漏および見た目のコンプレックスの解消といった効果があるため、仮性包茎で悩んでいるのであれば一度治療を検討してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です